田中トシ / 光の水・風楽 ekn 005
CD LTD 500copies
2000yen




そこの壁には、六尺ほどの和紙、3枚に、飛び散った墨で、荒々しく、書かれた、筆跡、
それは、後で、知ったが、「愛」、「水」、そして、「光」、
今回の舞台のテーマとも云える、竹の筒といくつかの簡単な手作りの、鈴のような楽器だけ、
他には、なんの、余計な、舞台装置も、衣装も、音もない、
ただ、舞台を擦れる、あるいは、踏みつける、足の音、呼吸する息使い、そして、その間合い、
能、ボーカリゼーション、舞踏、ロック、書、
全てが、ひとりの人間の中で、融合されて、既存の何かに、近似されることを、
つまり、名付けられることを、拒絶する、何ものかに、変容している、
それを、なんと、呼べばいいのか、今は、まだ、わからない。
後飯塚僚 (2012年美学校でのパフォーマンスについて)


声と言葉と身体、
三竦み、三つ巴の
内と外を往還する
三十有余年にわたる運動の
一端を記録する。
声と音具によるパフォーマンスを収めるスタジオ録音 約37分

録音 リチャード・ホーナー Black Snowflake Studio (Sapporo)

sample 01
sample 02
sample 03


ご注文ページへ >
2013年10月発売



© 2008-2013 Eine Kleine Nachtmusik All rights reserved.